口腔外科

親知らずとは

親知らずとは親知らずは永久歯の中で一番遅く生えてくる歯で、最も奥に位置します。一般的に15~30歳の間に生えてきますが正常に生えることは少なく、全く生えてこない、少し見えるまでしか生えない、横や斜めに生えるなどの場合がかなり多くなっています。
手入れが難しいため虫歯や歯周病の原因菌の巣窟になりやすく、隣の歯を押すなどして歯並びに悪影響を及ぼすことも多いため、抜歯のご相談をされる患者様が増えています。ただし、しっかり噛む機能を果たしており、虫歯などになっていない場合には無理に抜く必要はありません。

問題・症状

痛みや腫れを繰り返す

少しだけ顔を出している・横向きに生えてくるなどの親知らずは、歯と歯茎、隣の歯との間に複雑で深い溝ができて食べカスがたまりやすく、細菌感染を起こして炎症を引き起こしやすい状態です。親知らずは智歯と呼ばれることがあり、親知らず周辺にこうした炎症を起こすことを智歯周囲炎と呼んでいます。

虫歯や歯周病になりやすい

親知らずは一番奥にあるため、ていねいに行ってもプラーク(歯垢)が残りやすく、虫歯や歯周病リスクがとても高くなっています。生え方によっては隣の歯との接触面にもブラッシングでは落としきれないプラークがたまりやすくなります。こうした部分があることで、口内細菌数が増えて口内環境が悪化し、他の歯の虫歯や歯周病リスクを上げてしまうこともよくあります。

かみ合わせが乱れる

現在は顎の骨が小さくなる傾向が顕著ですが、歯の大きさは変わらないためスペースが足らずに歯並びが大きく乱れやすくなっています。親知らずは歯列矯正が終了してから出てくることがあり、スペースがないところに無理やり生えてきて隣の歯を強い力で押して、せっかく整えた前歯の歯並びを乱してしまうケースがあります。

抜いたほうがいい親知らずと抜かなくていい親知らず

抜いた方がいい親知らず

親知らず周囲の腫れを繰り返す

いったん腫れが治まっても、再度腫れが生じることがありますが、3ヶ月から半年といった短い期間で腫れを繰り返した場合には抜歯をおすすめしています。

食べカスがたまりやすく、周囲の歯が虫歯になった

親知らずよりもその手前の歯の方はかみ合わせでは重要です。そのため、隣の歯を残すことを優先して、親知らずの抜歯が必要になるケースがあります。

親知らずが虫歯になり、精密な治療が不可能な場合

進行している虫歯の場合、専用の器具で精密な治療を行う必要がありますが、親知らずは一番奥にあるため、こうした器具が正確に入らない場合があります。治療が不可能になるため、こうした際には抜歯が必要になります。

歯並びに悪影響を与える可能性がある

親知らずが横や斜めを向いて生えてくる・スペースが足りないなどがあると親知らずが隣の歯を強い力で押し続けることがあります。これによってその力が前歯にまで及び、前歯の歯並びを乱してしまうことがあります。
こうした可能性がある場合には、親知らずを抜いて歯並びを保護します。

上下のどちらか片方しか生えていない

まっすぐ正常に生えてきた親知らずの場合でも、かみ合うもう片方の親知らずが出てこない場合、歯肉を傷付けて炎症を繰り返し起こすことがあります。炎症が起こると口内環境が悪化するため、抜歯をおすすめする場合があります。

抜かなくていい親知らず

痛みや腫れなどのトラブルがない

ブラッシングでしっかり手入れができ、かみ合わせにも問題がない場合、そして骨や歯肉の中に完全に埋もれたままで表面に出てこない場合など、トラブルを起こさない親知らずを無理に抜く必要はありません。

正常に生えてきている

正常に生えていてかみ合わせの機能を果たしている親知らずは、トラブルがない限り抜く必要がありません。数度腫れた程度でも、残すことを選択される方もあります。

将来、有効利用できる見込みがある

正常に生えている親知らずを残しておくと、将来他の奥歯を失った際に移植に使える可能性があります。また、隣の歯を失った際に親知らずをブリッジの土台として使えることもあります。