小児歯科

小児歯科

小児歯科子どもの口内を健康に保つことは、お身体全体の健康や成長、そしてお顔の印象にも大きく関わってきます。また、小児歯科の治療や予防は、遠い将来にも末永く食事や会話を楽しむための重要な基礎となります。現在は歯科医療が長足の進歩を遂げていますが、未だに天然歯の機能や素材としての優秀さを超えるものは実現していません。生涯、治療の必要がない歯や歯茎を保つためには、幼い頃に虫歯にならないようにすることが不可欠です。軽度の虫歯があった時点でしっかり治療を受け、口内を虫歯になりにくい状態にしてあげましょう。

当院の小児歯科の3つの特徴

雰囲気に慣れてからの治療

当院の小児歯科の3つの特徴当院では最初にスタッフや歯科医師がしっかりコミュニケーションをとって、お子様が雰囲気に慣れてきてから治療を行っています。予防のフッ素塗布やシーラント、そして緊急に治療が必要な際には初診時の処置を行うことはありますが、お子様に合わせたペースでお気持ちに負担をかけないよう心がけています。

症状がある場合も、できるだけはじめての治療では削りません

当院では大人の場合も初診時に歯を削ることはほとんどありません。痛みや腫れなどの症状がある場合には、負担のない処置でそれを解消し、次にご来院された時に実際の治療を行っています。お子様の場合も最低限の処置を行いますが、初診時にはそれ以上に信頼関係を築くことを重視します。

麻酔をできるだけ行いません

局所麻酔を行うと、お子様の場合、治療後にうっかり唇を噛んで傷付けてしまう可能性があるため、当院の小児歯科では局所麻酔をできるだけ行わない治療をしています。麻酔が必要な場合には、患部だけに有効なジェル状の表面麻酔を使い、歯を削る器具も負担の少ない極小のものでていねいに優しく取り除いています。こうして、できるだけ痛みがなく安全な治療を心がけています。

フッ素塗布

フッ素塗布乳歯や生えたばかりの永久歯はやわらかいため、歯質を強く・硬くするフッ素塗布が特に有効です。また、虫歯の原因菌に表面のみ軽く溶かされてしまった初期の虫歯部分はフッ素を取り込みやすい状態です。そして取り込まれたフッ素は再石灰化を促進して修復してくれます。さらに、フッ素は口内に存在する虫歯の原因菌が歯を溶かす酸を作る作用を抑制するため、効果的な虫歯予防が可能になります。

シーラント

子どもの奥歯には歯ブラシの毛先が入らない細くて深い溝があり、虫歯リスクがとても高くなっています。この溝をきれいにしてから歯科用プラスチックで埋めてしまう処置がシーラントです。毎日しっかり歯磨きをしているのに虫歯になってしまうと、お子様の歯磨きに対する熱意もなくなってしまいます。歯磨きで手入れしにくい部分の虫歯をシーラントでしっかり予防して、健康な口内を保ちましょう。

お子さんの予防で虫歯ゼロへ

小児歯科ではお子さまに虫歯を作らないことを基本に、将来の歯並びも見据えて計画的な予防プログラムをお作りしています。フッ素塗布やシーラント、歯磨き指導だけでなく、保護者の方に仕上げ磨きや食習慣、歯並びに影響を与える癖の治し方などのご指導も行っています。こうして多角的に小児歯科予防を行っていくことは、虫歯ゼロを将来も保っていくための基礎になります。

お子さんをお持ちの親御様へ

お子さんをお持ちの親御様へ歯科医院を「怖い・嫌な場所」と刷り込まれてしまうことがないよう、当院はお子様にとって楽しく明るい雰囲気作りを心がけています。歯医者嫌いになってしまうと、痛みなどがあっても隠すようになって悪化させやすく、大人になってからも嫌な記憶が残って治療タイミングが遅れて歯を失うことにつながりやすいのです。そのため、当院ではお子様ご本人としっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を築いてから実際の処置や治療を行うようにしています。またガチャガチャやシールなどのご褒美を用意して、お子様にとって「がんばるとうれしいことがある場所」として遊びに行くような感覚で通っていただけるようにしています。
当院は親子二代で診療を行っていますが、父は松戸市ではじめて開業した小児歯科専門医であり、長年の経験から治療や処置を遊びのような感覚でお子様と一緒に行っていく小児歯科診療を得意としています。また、院長は現在も大学病院に在籍しているため、高度な治療が必要になった場合にも密な連携を行いながら質の高い治療が可能です。歯医者が苦手なお子様や、普通の小児歯科ではご不安がある場合にもお気軽にお連れください。

咬合誘導

歯並びやかみ合わせが正しくない不正咬合は、見た目、噛む機能、そして顔や体のゆがみなどの問題を引き起こしますし、コンプレックスの原因になってしまうことも珍しくありません。咬合誘導は、成長期に少し手助けしてあげることで自然にかみ合わせが良い永久歯列になるよう導いていく治療です。乳歯から永久歯に生え変わる6~15歳までに行う予防的な矯正処置であり、成長をコントロールするだけで歯を無理に動かすことがないため楽に受けられます。咬合誘導で早めに修正してあげることは心身の健やかな成長にもつながります。

実際の咬合誘導

抜けるタイミングが遅い乳歯を抜歯して永久歯がスムーズに生えるようにします
乳歯が抜けるタイミングが早過ぎた場合は、永久歯が生える場所を確保する保隙を行います
歯が重なる叢生が起こったら、顎の幅を広げてきれいに並ぶスペースを作ります
上下の顎は成長のタイミングが異なり、個人差もありますので、状態を見ながら的確なコントロールを行います
指しゃぶりや爪噛み、頬杖、舌を置く場所など歯並びに悪影響を及ぼす癖をなくすための指導や訓練を行います
実際の状態に合わせて負担の少ない適切な装置を使い、効果的な咬合誘導を行っています